クリスマスに読む一冊
第十二夜

にぎやかなパーティーもいいけれど、聖なる夜を心静かに迎えたい…

猫たちを救う犬
(原題「THE DOG WHO RESCUES CATS 〜 The True Story of Ginny」)
フィリップ・ゴンザレス&リアノー・フライシャー 作 内田昌之 訳
発行 草思社


動物愛護センターから著者(フィリップ)のもとへやってきた雌犬ジニー。彼女はなんと無類の
猫好きの犬で、しかも、何かしら障害を…盲目であったり、片足がなかったり、先天的に脳が欠け
ていたりする猫を探し出す能力に長けていた。人生に目的を見失いかけていた著者が、ジニーと
共に傷ついた野良猫を救い出していく救出劇を描く、真実のドキュメンタリー・エッセイ。

またクリスマスに関係のない本(笑)。でもこの本、動物好きの人へのクリスマス・プレゼントに
とても喜ばれたそうです。アメリカはロングアイランドに実在する奇跡の犬ジニーが、何匹もいる
猫の中から目の見えない(外見からはそうと分からない)猫を選び出したり、とうてい人の耳には
聞こえない死にかけた子猫のかぼそい泣き声を聞きつけて救い出すさまは、ほんと天使のよう。
続編「今日もまた猫たちを救う犬」も刊行済み。