トロイ
Troy
 
 



2004年アメリカ/監督:W・ペーターゼン/出演:ブラッド・ピット、エリック・バナ
イイ男を愛でる映画。
…かと思いましたよ(笑)いやはや、登場人物に男性率が高いのは舞台が古代のしかも戦争だから仕方がないんだけど、それにしたって出てくる男優の肉体美に圧倒されます(笑)。
 実はワタクシ、「イーリアス」も「オデュッセイア」も読んだことないです。ただ、シュリーマンの伝記からトロイの木馬の顛末を知っているだけ。トロイ戦争が実は10年続いたものだったという事実も忘れてました…。道理で駆け足感が強いわけだわ。
 アキレスを演じるブラッド・ピット、ヘクトルを演じるエリック・バナ、二人の存在感が凄いですね。「トロイ」というタイトルだからトロイの趨勢を描くものだと思ってはいけません。どちらかというとこの二人の「英雄」っぷりを描く映画だよね。

 もともとこの映画を見る動機だった(笑)オーランド・ブルームは期待を裏切らずステキな 卑 怯 者 を演じてました。後半カッコよくなっちゃって逆に不満ですよ。どうせヘタレなんだから最後まで悪あがきして、ヘレンが見放すくらい情けなく死んでほしかった(言いたい放題)。でもそれも似合ったと思うの。なんたって 『世界一の美女』ヘレンを上回る美男っぷりでしたから…(遠い目)。
 そうそう、この映画は衣装もステキでしたね。海の色を映したようなネイビーブルーのグラデーション。もともとああいうヒラヒラした服のデザインが好きなので、衣装と俳優にみとれている間に3時間過ぎちゃったって感じです。(話は…?)

 あと、特筆すべきはオデュッセウス役のショーン・ビーン。前評判は皆無に近かったのにおそろしくカッコよかったです。アキレスやヘクトルが「動」の勇者なら、オデュッセウスは「静」の勇者ですね。登場時間は少ないのに、すごく存在感がありました。彼を見るためだけにもっかい見てもいいです(笑)。