ハウルの動く城
 
 

 

2004年日本/監督:宮崎駿/声の出演:倍賞千恵子、木村拓哉、美輪明宏
 大好きな「魔法使いハウルと火の悪魔」(著:ダイアナ・ウィン・ジョーンズ)が 原作ということで、不安半分、期待半分だった作品です。
 そして見ながらの感想…
…面白いじゃないか。
 原作を読んで結構時間が経っていた状況だったので、程よく内容を忘れた状態だったのが良かったのか、それとも 最初から「原作は忘れよう…」と自己暗示をかけていたのが良かったのか(笑)なかなか楽しんで見られました。 って言うか、原作の面影もなかった(笑)。あまりにもまったく違う話になっていたので、比較してあれこれ突っ込む気にも ならなかった、というのが正直な感想でしょうか。あそこまで違う話になると、もう何をどう比較しても疲れるだけですね。 原作ファンの方には、登場人物の名前と世界設定だけをちょろりと借りて作られた映画だと思って見ることをお薦めします。 でも映画の後に原作読んだら、原作の物語世界の凄さに改めて圧倒されましたよ、うん。

 宮崎アニメとしては…オープニングがちょっと「ラピュタ」っぽいオープニングでしたよね。そのほかにも、戦争の描写に「紅の豚」を思い出したり、 光を発する指輪にやっぱり「ラピュタ」を思い出したり。うん、舞台がイタリアっぽくなってしまった…と監督が どこかのインタビューで言ってたこともあって、やっぱり雰囲気的には一番「紅の豚」を思い出したな。個人的に、 「紅の豚」は「トトロ」についで大好きな作品なので嬉しかったです。今回も、結構大人向けのアニメじゃないかな、と感じました。 主人公が十代後半の女の子ですしね。

 ちょっと惜しかったのは、物語としてちゃんと着地した終わり方じゃなかったこと。これは「千と千尋〜」を見た時にも思った ことなんだけど、「ハウル〜」を見た後だと、少なくとも「千と千尋〜」では主人公がちゃんと成長して「こちら側」の世界に帰って きたもんな…とつぶやいてしまう。あの終わり方だと、ソフィーにかけられた魔法は解かれずじまいだし、なぜカブが呪いを かけられていたのかとか、そんなに戦争を簡単に始めたり終わらせたりしていいのか、それで死んだ人はどうなるんだ、と思わずには いられない。見ていて、自分が何か重要な台詞を聞き逃したか、そういう場面を見逃したかしたのかしら…と首をかしげて しまったくらい、オチがついていませんでした。…というか、今でもそんな不安にかられています…。私、何か見逃した…???