阿修羅城の瞳
 
 

 

2005年日本/監督:滝田洋二郎/出演:市川染五郎 宮沢りえ 渡部篤郎
K先輩、私に劇団☆新感線の舞台ビデオを山ほど貸してくれてありがとう!…と思わず内心で叫んだ(笑)一作。
とはいえ、もし、かのビデオを見ずにこの映画を見ていたら、私はいったいどういうふうに感じたかしら。というのもちょっと気になったり。

でも、この映画の元々の姿である舞台版のほうは、私は見たことがないんですがね(爆)。でも、劇団☆新感線の、これ以外の作品を いくつか見ていたわけで、それで劇団☆新感線の舞台特有の雰囲気というか、物語の流れというか、匂いのようなものが この映画にも残っていて、「ああ、たぶん舞台ではこのへんにギャグが入るんだろうな」というのが感じられました。

お話はちょっと説明不足な所もあるけど、色っぽい情念が感じられました。サイドストーリーがいっぱい作れそうだなあ。 でも、元々はこの映画が劇団☆新感線うまれということを知らず、ただ「市川染五郎と宮沢りえ、それに渡部さんも出るなんてなんて豪華な!これは 見に行かねば!」という、役者めあてで見にいったので(笑)、役者の演技と立ち居振る舞いを主に楽しんできました。

それから、妙に見ている間に、角川映画の「里見八犬伝」を思い出しましたね。あの作品と「竹取物語」が、私にとっての和製ファンタジー 映画のはしりだと思うのです。どうもこの映画(「阿修羅城の瞳」)が、あれらの作品の延長線上にあるように感じられて、 「和製ファンタジー映画もここまできたか…」とちょっと感無量でした(大袈裟?)。
「陰陽師」とか「阿修羅城の瞳」とか、和製ファンタジー映画はこの路線で進め!とまでは言わないけど、いい方向に発展している…と 思うのですよね。こういう、一種の冒険をするような映画がもっとたくさん出て、和製ファンタジー映画のつくりが深まっていって くれるといいなあ、とちょっと夢見たりしちゃいました。