英国滞在記
〜2003年12月〜


2003/12/03(水) かなわん・・・
リスニングテストが明後日なんですが、もうクラス中がピリピリしててかなわん。ちょっと音高くドアを閉めただけでギリッと眉根つりあげるし。建付けが悪いから勢いよく閉めないと閉まらないんだっつーに。
熱にあてられてか私も胃が痛いです。リスニングの練習はどうやっても数をこなせばいいってもんじゃないと思う。一日にできる練習の数に限界がある。というか、集中力の限界が・・・(冷や汗)
リスニング、一番点数が悪い分野なんですよ・・・運が良くても合格ラインの60%ぎりぎりだろうな。
ともあれ今日は来週末の最終試験に備えてちっとペーパーテストの練習をして、寝ます・・・昨夜なんでだか知らないけど眠れなかったんで。

2003/12/04(木) うわあん
午後も閉校時間ぎりぎりまで頑張ってリスニングの練習してたのに、一向に点数があがらない・・・・。
先週はずっとラボラトリに詰めてたのに。
結局1週間やそこらで能力伸ばそうなんて無理だったのでしょうか・・。
いいんだ、やるだけやったんだ、それが重要だ(涙目)

明日はとにかくやれるだけやって、来週末のリーディングとライティング(とUse of English)に賭けよう。
この2分野だけは他のクラスメイトと対等に張れるのでね、ここで点数かせいどかないと。
しかしどう考えてもリーディングがそこそこできるのはハリーポッターのおかげかと思われ(笑)
(あと海外の某ジャンルアマチュア小説・・・←分かる方だけ笑ってください)

2003/12/11(木) どたばたしている間に
今週末で学校も試験も(※ここ重要)終わりです。今日は卒業試験でした。でも問題数のわりに時間が短くて焦った。
その後知人に「TOEICの試験申し込みそろそろ締め切りだよ」と言われて大焦り。急いでホームページに行ってみたらなんとか間に合いました。ほっ。こっちのほうがむしろ重要だもんなあ、今週末の試験よか。
多分また学校には来るかも知れないけど(インターネットを使いに・・・)、ちゃんと友達と会えるのは今週限りだし今週末すぐに帰国する人もいるので、カードとか住所交換とか写真撮影とかしたいのは山々なのですが如何せんテスト前で落ち着かなくてなかなかできません・・・うががががっ。どうしてターム終了前に試験があるんだよ〜。そういえば前のハウスメイトもテスト終了日に帰国しなきゃいけないとかでスーツケース持って試験会場に行ってたなあ。もう少し考えてくれてもいいのに・・・(涙)
さて、東京→沖縄間の飛行機も予約せねば。ああ、なんか帰国するのが信じられないです。本当に早かったなあ・・。

2003/12/12(金) 学校最終日です。
最終テストは明日なんですが、とても勉強できる環境じゃございません(^^;
みんな授業せずにこれが最後とばかりに写真を撮ったり写真を撮ったり写真を撮ったり。
昨日は例のアジアン・ガールズでまたミニ・パーティといいますか、韓国料理をしこたま食べさせてもらいまして、最近崩れ気味だった体調も今日は万全です。本当に助けてもらってるなあ・・・物理的精神的にも。
ちなみに国籍構成は韓国4・中国1・日本2・台湾2でして、韓国の子が一番多いので誰かが韓国語で話しはじめるとそばで別の韓国の女の子が英語に同時通訳を始めるのがもうおもしろくておもしろくて。
なんていうんでしょうかね、タイミングというか・・・とにかく笑わせてもらいましたわv

今日は今日で、クリスマスプレゼントに手袋をもらいましたv
私の手袋、穴が開いてるんだよね〜、と話の途中にもらしたのを覚えててくれたんです、すごい嬉しかった!(覚えててくれたのが^^)

明日はケンブリッジ英検の最終試験です、とにかくやるだけやってきますわ〜。

ちなみに卒業試験は合格しましたv よかった、とりあえず最低限の英語証明書もらえて・・・<目標が低い!

2003/12/14(日) 02:23 It was the most difficult one I have ever done.
と、思わずつぶやいてしまうくらい難しかったです、本番の最終テスト・・・!(涙目)
まあ、リーディングとライティングはね、そこそこかな、と。リーディングの中でも一番得意だったタイプの問題が一番難しかったのが意外でしたが。
とにかく、なにはともあれ、終わりました。

・・・これで勉強はおしまい!帰ったら山のように積んである、これまでやったプリントとか練習問題ペーパーとか全部捨てるの!楽しみ!<おいおい
そんでもって辞書も梱包して日本に贈って、本格的に荷造り開始だーー!!

2003/12/15(月) Spirited Away
とうとうE町に「千と千尋の神隠し」英語版が来ました。土日だけの上映ということで、買い物の帰りにどうしようかな、入ろうかな、と映画館の入り口でうろうろしていたら、突然、「これいいよ!私は昨日も見たんだけどね!」と千と千尋のポスターを指差す中年男性に声をかけられました。
非常ににこやかな人だったんで、つい、「あ、知ってます〜私は日本で日本語版も見たんですけどね」と言ったら、「日本人なの?!日本でのこれはどうだったの?」と感想タイムに突入してしまいました(^^;
見た後にも「日本語と英語の違いはどうだった?」と聞かれまして、まあだらだらと感想なぞを言っていたら、この方は千尋が湯婆の双子の片割れのほうからもらったヘアゴムにとても注目してまして、なかなか面白い感想を聞けました。あのゴムが変わったことを千尋の変化と結び付けているとかなんとか。
しかしどこの国でも映画ファンは熱心だねえ。

2003/12/15(月) いってきます
明日から2週間の旅行に行ってきます。
日本からくる友人は今頃飛行機の中、のはず。がんばれ〜(^^;
今週はロンドンに滞在し、来週はグラスゴーとインヴァネスに行く予定。エジンバラは日帰りで寄る予定です。
けっこう盛りだくさんなので無理せずに、クリスマスのイギリスを楽しんでこようと思います。そんなわけで日記もメールも止まりますがご容赦を。
それではいってきま〜すv

2003/12/29(月) ただいまでございます
ええと、おかげさまで無事(E町に)戻りました。
昨日、同行のT子さんをピカデリー線に乗っけたのを見送った後、たぺたぺと戻って参りました。
イギリスは今年あたたかいクリスマスで、どっこにも雪は降らず、テレビの天気予報でもほがらかに「No White Christmas」と宣言されたとおり、雨ばかりのクリスマスになりました。
それでも雨にけむるネス湖はネッシーが出てきても不思議のない雰囲気でよかったんですが・・(笑)

ロンドンでは「オペラ座の怪人」を再見したり、バレエの「くるみ割り人形」をロイヤル・フェスティバル・ホールまで見に行ったり、大英博物館・テートブリテン・ナショナルギャラリー・V&A美術館を踏破したうえ、スコットランドで行ったエジンバラ・ナショナルギャラリーでは、昔からよく本で見ていた「ウマ(※女性の名前です)とライオン」の絵や、「真夏の夜の夢」の絵の本物に会って感激に打ち震えたりと、内容的にも濃い旅になりました。

・・・気がついたら巷で言うところの「観光」はほとんどしてないんですけどね(苦笑)ビッグ・ベンは遠くから見たけど、バッキンガム宮殿にも行かなかったし、ロンドン橋も見なかったし。
で、でも「好きなものを好きなように見る」旅だったわけだから、いいんだよね?!>T子さん。

そうそう、エジンバラのスコッツ・モニュメントの前にはクリスマス・マーケットが開催されておりまして、即席アイススケート・リンクや観覧車、移動遊園地ができていて、とってもきれいでした。
あれはクリスマスに行って見られて良かったなー。

私もあと2週間したら日本に戻ります。
それまでにもっかい美術館群を制覇しなければ・・・!(ゆっくり見すぎて全部見回れてない・・)